国際共同第Ⅱ相試験:NAVIGATE試験における有効性

本剤は一部承認外の効能又は効果、用法及び用量を含む臨床成績に基づいて評価され、承認されました。本試験には一部承認外の用法及び用量の患者が含まれますが、承認時評価資料のため掲載しています。


NAVIGATE試験における有効性

奏効率[主要評価項目、中間解析(独立評価判定)]

  • 有効性解析集団116例中、独立評価判定が行われた89例*1におけるRECIST Ver.1.1に基づく奏効率は65.2%(58/89例)(80%CI:57.9~71.9)でした。
  • 癌腫別の奏効例数は、非小細胞肺癌が7/9例、甲状腺癌が13/19例、肉腫が15/19例、結腸直腸癌が3/8例、唾液腺癌が14/16例、胆道癌が0/2例、中枢神経系原発腫瘍が1/7例*2、固形癌*3が6/14例でした。

*1:NTRK融合遺伝子が検出された検査機関のCLIA認証取得の有無が未確認であったその他(コホート9)の2例(甲状腺癌及び膵癌)を含む。また、中枢神経系原発腫瘍(コホート7)は含まない

*2:RANOに基づく治験責任医師判定

*3:他の癌腫(コホート8)

 

奏効率

 

Alt tag
  n=89
最良総合効果
  CR
  PR
  SD
  PD
  評価不能

15(16.9%)
43(48.3%)
15(16.9%)
11(12.4%)
5(5.6%)
奏効率
[80%CI]
58(65.2%)
[57.9~71.9%]
NAVIGATE試験の奏効率

RECIST Ver.1.1に基づく判定

*:CRの15例中1例は外科的処置を受け病理学的CRが確認された

癌腫別の奏効率

癌腫 奏効例数/評価可能例数 奏効率(80%CI)
非小細胞肺癌 7/9
甲状腺癌 13/19 68.4%(51.1~82.5)
肉腫 15/19 78.9%(62.2~90.5)
結腸直腸癌 3/8
唾液腺癌 14/16 87.5%(70.0~96.6)
胆道癌 0/2
中枢神経系原発腫瘍 1/7*1
固形癌*2 6/14 42.9%(24.3~63.1)

RECIST Ver.1.1に基づく判定
*1:登録患者数が少数であったため、CIは表示していない
*1:RANOに基づく治験責任医師判定
*2:他の癌腫(コホート8)

NAVIGATE試験の癌腫別奏効率

病変サイズの最大変化率のWaterfallプロット

  • 癌腫に関係なく、臓器横断的な抗腫瘍効果が認められました。
NAVIGATE試験のウォーターフォールプロット

副次評価項目[中間解析]

奏効期間[副次評価項目、中間解析(独立評価判定)]

  • 独立評価判定が行われた89例中、奏効が認められた58例における奏効期間の中央値は27.6ヵ月(95%CI:21.6~推定不能)でした。

RECIST Ver.1.1に基づく判定

*:NTRK 融合遺伝子が検出された検査機関のCLIA認証取得の有無が未確認であったその他(コホート9)の2例(甲状腺癌及び膵癌)を含む。また、中枢神経系原発腫瘍(コホート7)は含まない

 

無増悪生存期間(PFS)[副次評価項目、中間解析(治験責任医師判定)]

Alt tagNAVIGATE試験の無増悪生存期間

全生存期間(OS)[副次評価項目、中間解析]

NAVIGATE試験の全生存期間

NAVIGATE試験の試験デザイン

 

試験方法(抜粋)

NAVIGATE試験の試験デザイン
目的: 12歳以上のNTRK融合遺伝子陽性の進行・再発の固形癌患者を対象に、ヴァイトラックビの有効性及び安全性を評価する。
試験デザイン: 多施設共同、非盲検、非対照、第Ⅱ相試験(バスケット試験)
対象: 12歳以上のNTRK融合遺伝子陽性の進行・再発の固形癌患者116例
投与方法: 1サイクル28日間としてヴァイトラックビ100mg(カプセル剤又は液剤)を1日2回経口投与し、病勢進行、許容できない毒性の発現、患者による同意撤回又は死亡するまで投与を継続した。
評価項目:

[主要評価項目] RECIST Ver.1.1又はRANOに基づく独立評価判定による奏効率

[副次評価項目] RECIST Ver.1.1又はRANOに基づく治験責任医師判定による奏効率、奏効期間、病勢コントロール率、無増悪生存期間(PFS)、全生存期間(OS) など

[安全性の評価項目]有害事象、臨床検査 など

判定基準: 画像検査はスクリーニング時、サイクル12までの偶数サイクル終了時及びサイクル13以降は3サイクルごとに標準的な画像検査(CT、MRI、CT/PET等)を実施し、治験責任医師の判断により追加の腫瘍評価を実施した(中枢神経系原発腫瘍を有する場合、サイクル1~4はそれぞれの終了時、サイクル12までの偶数サイクル終了時及びサイクル13以降は3サイクルごと)。腫瘍縮小効果は最初の奏効から28日以降に行われた画像検査により確定した。
解析計画:

主要評価項目である奏効率は、点推定値及びClopper-Pearson法を用いて信頼区間(CI)を算出した。

副次評価項目である奏効期間、PFS及びOSは、Greenwoodの公式を用いて算出した中央値の両側95%CIとともに、Kaplan-Meier法を用いて記述的に要約した。また、コホート別(癌腫別)、融合遺伝子別の解析が事前に計画されていた。

  CLIA:Clinical Laboratory Improvement Amendments   RANO:Response Assessment in Neuro Oncology

目的:
12歳以上のNTRK融合遺伝子陽性の進行・再発の固形癌患者を対象に、ヴァイトラックビの有効性及び安全性を評価する。

試験デザイン:
多施設共同、非盲検、非対照、第Ⅱ相試験(バスケット試験)

対象:
12歳以上のNTRK融合遺伝子陽性の進行・再発の固形癌患者116例

投与方法:
1サイクル28日間としてヴァイトラックビ100mg(カプセル剤又は液剤)を1日2回経口投与し、病勢進行、許容できない毒性の発現、患者による同意撤回又は死亡するまで投与を継続した。

評価項目:
[主要評価項目] RECIST Ver.1.1又はRANOに基づく独立評価判定による奏効率[副次評価項目] RECIST Ver.1.1又はRANOに基づく治験責任医師判定による奏効率、奏効期間、病勢コントロール率、無増悪生存期間(PFS)、全生存期間(OS) など[安全性の評価項目]有害事象、臨床検査 など

判定基準:
画像検査はスクリーニング時、サイクル12までの偶数サイクル終了時及びサイクル13以降は3サイクルごとに標準的な画像検査(CT、MRI、CT/PET等)を実施し、治験責任医師の判断により追加の腫瘍評価を実施した(中枢神経系原発腫瘍を有する場合、サイクル1~ 4はそれぞれの終了時、サイクル12までの偶数サイクル終了時及びサイクル13以降は3サイクルごと)。腫瘍縮小効果は最初の奏効から28日以降に行われた画像検査により確定した。

解析計画:
主要評価項目である奏効率は、点推定値及びClopper-Pearson法を用いて信頼区間(CI)を算出した。

副次評価項目である奏効期間、PFS及びOSは、Greenwoodの公式を用いて算出した中央値の両側95%CIとともに、Kaplan-Meier法を用いて記述的に要約した。また、コホート別(癌腫別)、融合遺伝子別の解析が事前に計画されていた。

  CLIA:Clinical Laboratory Improvement Amendments   RANO:Response Assessment in Neuro Oncology

NAVIGATE試験の患者背景

 

患者背景

  • 解析対象となった116例の患者背景は、以下のとおりです。
  • アジア人16例のうち、日本人は3例でした。
NAVIGATE試験の患者背景

本試験の最大の解析集団116例には、承認用量よりも高用量が使用された患者が1例含まれます。
6. 用法及び用量
通常、成人にはラロトレクチニブとして1回100mgを1日2回経口投与する。なお、患者の状態により適宜減量する。

通常、小児にはラロトレクチニブとして1回100mg/m2(体表面積)を1日2回経口投与する。ただし、1回100mgを超えないこと。なお、患者の状態により適宜減量する。

バイエル薬品社内資料[NTRK融合遺伝子陽性の固形腫瘍患者を対象とした第II相試験:試験20289(NAVIGATE試験)](承認時評価資料)